close

敷地は海外線からやや内陸,樽前山を望む位置にある.
住宅は南面に庭を大きく囲い獲るよう配置され,その内部は外庭に拮抗すべく大きな気積を伴って切り取られた.大きいがゆえに人の感覚から逸脱した空間をヒューマンスケールへと近づける操作として,天井面には「HAT」と称される帽子を浮遊させた.赤茶に誂えられた「HAT」は家族を優しく包込み,拠り所となる求心的な「場」を生み出している.また,素材は空間の気積に耐えうるよう割肌の煉瓦やナラ無垢,木毛板やラワンといった粗野ながらも表情豊かに選定された.
南側のベンチ越しの開口は「HAT」の下へ光を導き,北側の開口は聳え立つ樽前山を日常の中へと切り取っている.