close

山麓に開発された住宅地.その中にこの家はある.
一見して外見からはこの住宅の内部がどのようになっているかは分かりにくい.
現行の法規制内で諸室を詰込むと,いわゆる「家型」に帰着せざるを得ない.
気積の変化に富んだ構成は空間に抑揚を与え,また,選定された素材はその骨格に命を吹込む.
「家型」でありながら住宅然としない様相があたかも街並みに擬態しているかのようであった.