close

白く瀟洒な佇まいを.

内なる全てを単に漂白するのみでは人を突放した空間となる.白くありながらも人間味のある白さが良い.

南側へと大きく開放されたこの住宅は自然光の移ろいとともに家族の生活を包み込む.自然の機微を映しとる素材は白く,その陰影や透けにより移りゆく時間に身を委ねられるよう,様々なテクスチュアが与えられた.それらは愛らしい表情を浮かべ,凛とした空間の中においても柔らかな空気感を醸し出している.